1. ホーム
  2. ペニス増大トレーニング
  3. エクササイズ
  4. ≫ぺニス増大ストレッチでローションを使用するべき理由

ぺニス増大ストレッチでローションを使用するべき理由

ペニス増大ストレッチ用ローション

ペニス増大法と聞くと、アンドロペニスのような増大用器具をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

ちなみに、アンドロペニスをご存じない方に、どんなものかをご説明しておくと、ペニスに装着して使用するタイプの増大器具のことです。

アンドロペニスを使用すれば、陰茎部分(シャフト)を常に引き伸ばした状態で固定できるため、常時ペニスを伸ばすトレーニングができることになります。

なお、アンドロペニスは欧州・南米で人気出た商品ですが、今は日本人向けのアンドロヤマトという製品も販売されています(下記画像はアンドロヤマトV3)。

アンドロヤマト

アンドロペニスはユーザーからの口コミ評価も高く、国内外問わず実績も残しているため、たしかに信頼できる増大法の1つと言えるでしょう。

ただし、毎日数時間もアンドロペニスを付け続けることは、難しいという方もいらっしゃるはずです。特に結婚している方や、実家で家族と住んでいる方は継続使用をすることは現実問題として難しいです。

それに、そのような器具を使わないと増大をしないということは決してありません。器具を使わなずに手を活用したチントレでも、ペニスのサイズアップを実現することは十分可能です。

そして、当サイトで紹介しているチントレ※は、自分の手があればできるミルキングやジェルキングなどの自分でできるストレッチ系トレーニングの手法を中心に紹介しているため、何も器具を用意する必要はありません。

※ 管理人・増大天狗が実践して14cmオーバーを達成したチントレの内容は次の記事で詳しく解説しています。
増大天狗のチントレ方法まとめ

ですから、家族にばれずにトレーニングを行うことは可能です。ですが、1点だけどうしても用意して頂きたいアイテムがあります。それが『ローション(潤滑剤)』です。

ローションを使用しないで増大ストレッチを行うとペニス傷つけます

ペニスが痛い

ペニス増大ストレッチで行うミルキングやジェルキングの動作は、基本的にはペニスに強く握って摩擦する形式で負荷を与えます。

このときローションを使用しないでいると、摩擦による刺激でペニスの皮膚を傷つけてしまう可能性が高いんですね。

ペニスに外傷が出ると、トレーニングをしばらく休止しなくてはいけませんし、病院へ通院する必要性も出てきます。最悪の場合、EDや勃起障害を起こす可能もあるでしょう。

ですので、ペニス増大ストレッチに取り組むときには、男性器を保護するためにも必ずローションを使用するようにしてください。あと、単純にローションを使用してトレーニングをした方が気持ち良い。

ちなみに私が増大トレーニング中に使用しているのは『洗い不要ローション・スタンダードタイプ』です(下記の画像)。

洗い不要ローション

使用中のベタツキが全くと言って良いほどなく、サラサラタイプで手にも性器にも馴染みやすい触感になっています。

また、その商品名の通り洗い流す必要がありませんので、ローション使用後の後処理の面倒くささもありませんので、かなりおすすめできる製品です。

以前はペペローションを使用していたのですが、あの商品はベタ付き感が強く、粘度が高いため、繰り返し摩擦をかける必要があるチントレには向いていないように感じました。

また、洗い不要ローションは通販アダルトグッズショップのNLSなら、590円というリーズナブルな価格で買えるのも評価できるポイントです。どのローションにしようか悩んでいる方は、よかったら試してみてください。

⇒ 洗い不要ローションはこちら
※ こちら(↑)が私も購入しているNLSの公式サイトです。

もちろんチントレだけでなく、オナニーやセックスにも洗い不要ローションは使用することができます。

あと、チントレ中にローションが下腹部や太ももにつくのが嫌だという方は、「オナエプロン」や「ちんかけエプロン」のような使い捨てカバーも販売されていますので、そのようなアイテムを利用すれば良いでしょう。どちらの商品も先ほど紹介した、NLSで販売されています。

【注目!】増大サプリおすすめランキング

増大サプリの人気ランキング
当サイトで評価したペニス増大サプリメントをランキング形式で紹介中!増大サプリメント選びで大切なポイントも解説しています。

【人気記事】管理人が実践したペニス増大法

俺のペニス増大法
管理人が実践して14cm超えに成功したチントレと愛用サプリを解説中。効果を期待できるペニス増大法を知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.