1. ホーム
  2. ペニス増大トレーニング
  3. エクササイズ
  4. ≫ペニス増大トレーニングの方法2【チントレのウォームアップ】

ペニス増大トレーニングの方法2【チントレのウォームアップ】

ストレッチ

ウォームラップでペニスを温めても、すぐに本格的なトレーニングに入る訳ではありません※。続いて、取り組んでもらいたいのがウォームアップ、いわゆる準備運動です。

※ エクササイズの前にペニスを温めて、血行をよくする『ウォームラップ』の方法は次の記事で詳しく解説していますので、そちらをご参照ください。

ペニス増大エクササイズの方法1【準備でチンポを温める】

全力で走る前や、プールで泳ぐ前には必ず準備運動やストレッチをしますよね?また、筋トレに取り組む際にも、トレーニングを始める前には入念な準備運動を行います。

柔軟体操

特に一流のプロアスリートほど準備運動の大切を理解しており、ストレッチにはたっぷり時間をかける傾向にあります。

例えば、プロ野球・メジャーリーグで活躍したイチロー選手などは、試合の6時間前には球場入りして、しっかりと準備運動をしていました。

そのように入念に準備運動を行うのは怪我の予防と、最大限のパフォーマンスを発揮するためです。

そして、これは増大エクササイズにおいても同じことが言えます。チントレでペニスを傷つけず、より増大効果を得るためにウォームアップはしっかりと行ってください。

それでは以下で、チントレ前の準備運動の方法について解説します。

チントレ前のウォームアップの方法

まずは左手(利き手の反対の手)の親指と人指し指で輪を作り、その輪でペニスの根元を抑えます(下記画像)。

ペニスのストレッチ

右手も同じように輪をつくり、こちらは亀頭の根本部分を軽く握ってください(下記画像)。これで準備は完了です。

チントレの準備

それでは準備運動(ストレッチ)を始めましょう。まず、下側(太ももの方向)へペニスを引っ張ります。

このときの注意点としては、いきなり、強い力を加えないことです。最初は弱い力で、徐々に力を強くしていき15秒間かけて引っ張ります。

ペニスの下方向のストレッチ

続いて、右方向、上方向(お腹側)、左方向へ同じく15秒ずつ引っ張るようにしてください。

ペニスの右方向のストレッチ

ペニスの上方向のストレッチ

ペニスの左方向のストレッチ

それが終わったら、ペニスから手を離してペニスブラブラさせて、血液をチンポ全体に循環させます。陰茎部分をヘリコプターのプロペラのようにして、ブルンブルンとゆっくり回転させるようなイメージです。

最後にもう一度、左手でペニスの根本、右手で亀頭の根元を握って、時計回り・反時計まわりにそれぞれ5回ずつ回すようにストレッチをさせれば準備運動は完了です。

ペニスのプロペラ運動

準備で運動でいきなり強い負荷を与えると、ペニスを傷つける原因になりますし、最悪の場合はEDになることも考えられます。くれぐれも慌てずに、徐々に力をかけていくことを心がけましょう。

また、ストレッチ中に勃起してしまうこともあるかもしれませんが、たとえ勃起をしても準備運動を中断する必要はありません。勃起したペニスに強すぎる負荷が掛からないように、そのままストレッチを継続してOKです。

せっかくペニスが温まってきているのに、わざわざ半勃起状態になるのを待つ必要はありませんからね。

なお、お風呂でチントレをする場合も、今回紹介したストレッチはエクササイズの前に必ず実践するようにしてください。

湯船の中で増大トレーニングをするにしても、ペニスに負荷がかかることに変わりはありませんので、準備のためのストレッチは絶対に必要です。

お風呂

前回の記事で紹介したホットラップと、今回のストレッチの2つを終えれば準備は完了となります。

準備が完了したら次の行うのは、基本的な増大エクササイズのミルキングです。私チントレでのミルキング方法は、次の記事で詳しく紹介中です。

ペニス増大トレーニングの方法3【ミルキングの正しいやり方】

私の増大トレーニング方法について

私が半年間で3.6cmのサイズアップに成功した増大方法は、次の記事で詳しく解説しています。まとめて、チェックしたい方はそちらをご参照ください。

俺のチントレ方法【3.6cmアップで14cm超え】

【注目!】増大サプリおすすめランキング

増大サプリの人気ランキング
当サイトで評価したペニス増大サプリメントをランキング形式で紹介中!増大サプリメント選びで大切なポイントも解説しています。

【人気記事】管理人が実践したペニス増大法

俺のペニス増大法
管理人が実践して14cm超えに成功したチントレと愛用サプリを解説中。効果を期待できるペニス増大法を知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.